スポンサードリンク
グルメ和食

巣鴨地蔵通り商店街の喜福堂であんぱんカレーパンを買ってきた。

喜福堂

喜福堂 外観

地蔵通り商店街に散歩に行った際に

喜福堂のあんぱんとカレーパンを買いました。

前々から一度は、食べたいなぁと思いながらも

地元だし、いつでも買えるし、と思いながら

いつの間にか10年の月日が経っていました。

創業大正五年の喜福堂の長い歴史から見れば

10年くらい大したこと有りません。

店内にイートインスペースが有りますが

今回は、テイクアウトしました。

丁寧に個別包装されているパン達

喜福堂つぶあんぱん

喜福堂のパンは、個別梱包されていました。

パンの種類などにより、異なるケースもあるのかもしれませんが

個別梱包されていると、お裾分けする際にそのまま

手渡しできるので便利です。

なにより、衛生的です。

写真だと確認しにくいですが、

あんぱんに黒ごまが乗っています。

黒ごまは、つぶあんです。
喜福堂こしあんぱん

こちらの白ごまのあんぱんは、こしあんです。

あんぱんは出来たてだったのか、

まだ、ほのかに温かいです。

出来たてあんぱんは、人生初です。

喜福堂カレーパン

こちらはカレーパンです。

カレーパンと言えば、多くは揚げパンのイメージですが

喜福堂のカレーパンは、ノンフライです。

焼きカレーパンなのです。

良く有る揚げパンのカレーパンよりも、

カロリー控えめです。

あんぱん(黒ごま:つぶあん)、あんぱん(白ごま:こしあん)、カレーパン

喜福堂あんぱんカレーパン

せっかくなので、開封して皿盛りにしてみました。

これで、つぶあん、こしあん、カレーパンの

違いがよく分かります。

喜福堂つぶあんぱん

黒ごまがのった、つぶあんです。

甘さは、控えめです。

晩ご飯のことを考えなければ

間食として2、3個、普通に食べられそうです。

喜福堂こしあんぱん

こちらは白ごまがのった、こしあんです。

こちらも、つぶあん同様に甘さは、控えめです。

晩ご飯のことを考えなければ

間食として2、3個、普通に食べられそうです。

コピペではありません。

こしあん派の方は、白ごまです。

喜福堂カレーパン

カレーパンを割ると、中は黒いカレーです。

ブラックカレーパンですね。

写真だと上手く伝わらないかもしれませんが

ペースト状にはなっていますが、よく見てみると

色々な具が入っています。

目視ですがゴマや、ニンジンなども入っているようです。

カレーパンは、少し辛いです。

あんぱん屋さんの作るカレーパンなので

甘口だろうと思い込んでいましたが、

けっこう硬派な味付けです。

焼きカレーパンと言うことも有り、

かなり独特なカレーパンですが、

巣鴨に来たならオススメの逸品です。

店舗情報

喜福堂

住所:豊島区 巣鴨 3-17-16 喜福堂ビル 1F
営業時間:10:00~20:00(売り切れ早仕舞いあり)
定休日:月曜日・火曜日(縁日:4日・14日・24日と、祝日となる場合は営業)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


three × five =